クラファン下書き

全国のアルコールインクアーティストと共に、廃棄される花と困窮する若者を救いたい!

全国のアルコールインクアーティスト総勢42名がタッグを組み、「日本初 アルコールインクアート×ロスフラワーコラボ展」の開催に向けて動いています!

私たちのアートの力で、まだキレイなのに廃棄されてしまう花と、困窮する若者たちを救うためにぜひご支援とご協力をお願いいたします。

はじめまして。

イメージ画像(仮)

大阪を拠点にアルコールインクアートの制作、講師業をしております、
Ame inkart(アムインクアート)の渡辺愛子とmil_inkart(ミルインクアート)の奥野あゆみと申します。
当ページをご覧頂きありがとうございます。

私たちはカランシェリと名付け、アートを通した社会貢献活動をしております。

イメージ画像(仮)

アルコールインクアートとは、アルコールとカラフルなインクを紙にのせ、ドライヤーなどの風を使ってインクを広げながら描くアートです。
偶然が重なり描いていくので、その一瞬一瞬を形にすることができるとても神秘的なアートで、今とても人気を集めています。

今回、このキレイなアートの力でまだキレイなのに廃棄されてしまう花と、困窮する若者たちの力になろうと展覧会お開催を企画しました。
ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです。

このコラボ展を開催しようと思った理由

「アルコールインクアートの魅力をもっとみんなに知って欲しい」

「アートとお花で一緒に会場を装飾し、みんなが癒される夢のような空間をつくりたい」

「アートを通して人助けをしたい」

私たちはお互いにこんなことを夢見ていました。
それが動き出したのは、ある二つの出会いからでした。

一つは、ロスフラワー問題について。
コロナ禍で入学式や卒業式、結婚式などのイベントの中止が相次ぎ、行き場をなくしたお花が廃棄されていること、
また、規格外で店頭に並ばない花、売れ残った花たちが捨てられてしまっている現状を知ったことです。
まだ美しい命があるにも関わらず、私たちが大好きなお花がキレイなまま廃棄されている・・・ 
とても心が痛みました。

そして二つ目は、四つ葉のクローバーというNPO法人との出会いです。
こちらは児童養護施設を退所した若者たちを支援されている団体で、
お話を伺うと、「お金がなくて参考書が買えない学生がいる」「お金がないから医療機関を受診できない人がいる」
そんな若者たちがいる現実を知り、とてもショックを受けました。

なにか少しでも力になれることはないか?
そこで考えついたのが、私たちができるアートの魅力を最大限に使った展覧会の開催でした。次に、その展覧会の内容についてお伝えします。

コラボ展で実現したいこと

アルコールインクアートのパネルを壁全体に展示し、ドライフラワーを天井から吊るした幻想的な空間を作り見て楽しむ遊んで楽しむ、色鮮やかな世界をつくりたいと考えています。

イメージ画像(仮)

コラボ展ではこんなことをします!

  • 総勢42名のアルコールインクアーティストの作品を展示
  • ロスフラワーをふんだんに使った会場装飾とフォトスペースづくり
  • 参加者が1つの大きなアートを制作する、アート体験スペースの設置

そして、この会期中に制作する大きなアート作品はNPO法人四つ葉のクローバー様へ寄贈、また体験料を寄付します。

今回のコラボ展を通して、廃棄されてしまうロスフラワーの存在と、経済的に困窮した若者の存在を1人でも多くの人に知ってもらうことが私達のミッションだと思っています。

コラボ展参加者

花農家様

実はロスフラワーといっても普段花農家から沢山ロスがでている訳ではないのです!!

出荷基準に満たないお花はパートさんが持ち帰ったりお友達に配られてりしていて

まずは

「ロスを産み出さない」

取り組みをしております。

生産の都合上切り落とす(ピンチする)花や
出荷をもう辞めるタイミングで畑に残った極わずかなお花をロスフラワーアーティスト様の
はなえさんが買い取りドライフラワーにし、アクセサリーやキャンドル作家さんたちが新しい命を吹き込み二次使用します。

また、デルフィニウムはドライフラワーになってもとても綺麗な青がそのまま残ります。

《山本園芸》
山本高宏・咲希子

豊橋市で青い花・デルフィニウムを栽培しています。こだわった丁寧な花作りが評判です。
豊橋市はデルフィニウムの生産量日本一の産地です!
 
デルフィニウムは、花の中でも数少ない、美しい青色のお花です。
そんなデルフィニウムを、日本一の産地である愛知県豊橋市で栽培しています。
 
デルフィニウムには「あなたを幸せにする」という花言葉があります。
私たちの育てたデルフィニウムが、みなさんのご家庭に明るく楽しい時間を届けてくれたら嬉しいです。

《Shiraishi flower farm》

白石豊和・恵美

当農場は熊本の阿蘇外輪山に位置する標高800mの地域で、一年通じてハウス栽培と路地栽培でトルコギキョウやデルフィニウム、ストック、オリエンタルユリ、カラーなどの花を栽培しております。

大自然に向き合いながらこの地に合った育て方を考えてきました。
「誰かの笑顔に繋がっている」と想いを込めて育てた綺麗な花たち。皆様に幸せと安らぎをお届けできれば幸いです。

笑顔の花が咲きますように。
そして、未来へと繋がりますように…。

ロスフラワーアーティスト 52Hanae様

【自己紹介】
私は廃棄されるお花を買い取ってドライフラワーにし、お花が必要な方に販売しています。
世界中に様々な理由でまだ綺麗でも廃棄されてしまう花が沢山あります。
もともと私はお花のアクセサリーも作っていたので毎日出てしまうお花のかけらを見ては、使いたい人もいっぱいいるだろうにと思っていました。

【なぜ廃棄花を販売しようと思ったのか】

元々ブライダルで花の仕事をしていたのですが、廃棄されてしまうお花を見る度に心苦しくて…

【まだこんなに綺麗なのに】

【まだ誰かを幸せに出来るのに】

【お花が必要な人に届けたい!】

と、そんな風にずっと思っていて
instagramで呼びかけたのがきっかけです🌷

【今回のプロジェクトで伝えたい事】

みんな色々な事情があり大変な時ですがアートや花を通して、皆さんの好きが広がっていけばいいなと思います☺️🌷

【今後の活動について】

これからもお花が必要な方にお花を届けるのはもちろんですが、もっと生花の需要が増えるように、自分から大切な人に花を送っていきます🥰🌱🌷✨

NPO法人四つ葉のクローバー様

四つ葉のクローバー様は滋賀県で社会的養護の必要な若者たちの自立支援活動しているNPO法人です。

親の病気などで両親のいない子どもや虐待を受けた子どもたちは、児童養護施設で生活します。
日本の法律では原則18歳で施設を退所しなければいけないのですが、親元を頼れずに困難を抱える子ども達がとても多くいます。
(※自立が難しい場合は22歳になる年度末まで入所可能)

そんな社会的養護を必要とする若者たちに、
就労援助や住宅支援(シェアハウスの運営)を行っているのがNPO法人四つ葉のクローバーです。

「だって行方不明になっちゃうんだもん」


NPO法人の設立理由を伺ったときに、代表の杉山さんはつぶやきました。

四つ葉のクローバーを設立前は、7~8年児童養護施設でボランティア活動をしていた杉山さん。
その間に児童養護施設を出た子ども達が行方知れずになることがとても多かったそうです。
そんな子ども達を1人でも助けたい!!安心して帰ってこれる家をつくりたい!!と強く思い、
NPO法人四つ葉のクローバーを設立されました。

イメージ画像(仮)

実は、私たちは今年の6月にこちらの施設でアルコールインクアートの体験会を行い、
杉山さんを含めた10名程が体験してくれました。
みなさんはじめは躊躇していましたが、一人がやり始めるとつぎつぎと寄り集まり、
好きな色を選んで、思うがままインクを広げて笑いながら楽しんでくれました。

そんな姿を見ることができ、さらに今回の活動を成功させたいという思いが強くなりました。

ここで制作したのは四つ葉のクローバー型のインクアート。
コラボ展の会期中につくる大きなアート作品にも、もちろん加わります。
ご来場いただけましたら、是非そちらにも注目していただけたらなと思います。

ご支援金の使い道

コラボ展の実施に必要な費用として以下に使わせていただきます。※概算金額になります

  • ギャラリー利用料・・・5万円
  • お花やフォトスペース設置のための資材費・・・20万円
  • その他展覧に使用する資材費・・・5万円
  • 移動、輸送費・・・5万円
  • コロナ対策消耗品費・・・5000円
  • キャンプファイヤーへの手数料やリターン費・・・15万円

リターン紹介

①1000円フォトブース画像

アルコールインクアートとロスフラワーで装飾したフォトブースをスマホ待ち受け画像にしてメールでお届けいたします。⠀

②2000円フォトブースポストカード

アルコールインクアートとロスフラワーのポストカードを送らせていただきます。

③3000円応援コース

応援してるよ!!頑張って!

カランシェリからお礼のメールをお送りします。
イベント実施後の詳細についてもご報告させて頂きます。

<お礼のメールとイベント実施報告の詳細>
9月中旬から9月末頃にメールをお送りします。

④5000円オリジナルエコバッグ

オリジナルのエコバッグをお届けします!
(カランシェリから感謝のメールとイベント実施報告)付き。

《エコバッグ詳細》

サイズ:

素材:
お届け日:9月中旬から9月末頃、ご準備出来次第の発送
※発送は国内に限ります。

⑤8000円スワッグ

展示に使ったお花を中心に作るオリジナルスワッグをお届けいたします。

※カランシェリからの感謝のメールとイベント実施報告付き。

《スワッグ詳細》
ドライフラワーなので、長くお花を楽しんで頂けます。
サイズ:長さ30センチ程度
使用花材:展示に使用したお花中心(花材はおまかせとなります)
お届け日:9月中旬から9月末頃、ご準備出来次第の発送
※発送は国内に限ります。

※スワッグの写真はあくまでイメージです。


⑥10000円

アルコールインクアート (A4サイズ額装タイプ)

作品の画像を複数枚送らせていただきますのでその中からお好きな作品を1点お選びください。

お届け日:9月末頃から10月上旬頃。ご準備出来次第の発送
※発送は国内に限ります

⑦12000円生花

農家直送の新鮮なお花のブーケ&カランシェリからの感謝メール

《ブーケ詳細》
使用花材:本展示でお花を買い取らせて頂いた農家さんの、季節のお花をブーケにしてお送り致します。使用するお花はおまかせとなります。
お届け日:9月中旬から9月末頃、ご準備出来次第の発送

※発送は国内に限ります。発送に2日かかる九州、沖縄、北海道にはお届け出来ません。

※ブーケの写真はあくまでイメージです。

⑧15000円生花+エコバッグ

農家さん直送の新鮮なお花を使ったブーケとオリジナルエコバッグをお届けします!
カランシェリからの感謝のお手紙とイベント実施報告をさせていただきます。

《ブーケ詳細》
使用花材:本展示でお花を買い取らせて頂いた農家さんの、季節のお花をブーケにしてお送り致します。使用するお花はおまかせとなります。
お届け日:9月中旬から9月末頃、ご準備出来次第の発送
注※発送は国内に限ります。発送に2日かかる九州、沖縄、北海道にはお届け出来ません。

《オリジナルエコバッグ詳細》

サイズ:
素材:

※ブーケの写真はあくまでイメージです。
⑨20000円スワッグ&A4フレーム

展示に使用したお花を使ったスワッグ&アルコールインクアート

・展示に使ったお花を中心に作るスワッグをお届けいたします。カランシェリからの感謝のお手紙とイベント実施報告をさせていただきます。

・A4サイズのアルコールインクアートの画像を複数枚送らせていただき、その中からお好きな作品を1点お選びいただきます。

《スワッグ詳細》
ドライフラワーなので、長くお花を楽しんで頂けます。
サイズ:長さ30センチ程度
使用花材:展示に使用したお花中心(花材はおまかせとなります)
お届け日:9月末頃から10月上旬頃。ご準備出来次第の発送
※発送は国内に限ります。

⑩30000円スワッグ&A4オーダー

展示に使用したお花のスワッグ&アルコールインクアートパネルのオーダー制作

・展示に使ったお花を中心に作るスワッグをお届けいたします。
※カランシェリからの感謝のお手紙とイベント実施報告付き。

・完全オーダー製作!おひとりおひとり、しっかりとヒアリングをさせていただき貴方だけの世界でたった一つの作品をお作りいたします!(A4サイズレジンコーティング付き。)
《スワッグ詳細》
ドライフラワーなので、長くお花を楽しんで頂けます。
サイズ:長さ30センチ程度
使用花材:展示に使用したお花中心(花材はおまかせとなります)
お届け日:9月中旬から9月末頃、ご準備出来次第の発送
※発送は国内に限ります。

⑪50000円シンプル応援寄付

このプロジェクトの救世主!この活動に賛同して下さり、応援寄付をして下さる方、お待ちしております!

カランシェリからの感謝のお手紙とイベント実施報告をさせていただきます。

実施スケジュール

<クラウドファンディング受付期間>
2021年7月30日(金)~2021年8月30日(月)

<「alcohol ink art×loss flowerコラボ展」開催日時 >
2021年9月2日(木)~9月5日(日)  4日間
11:00~19:00  (5日最終日は15:00終了)
アルコールインクアート体験は4日(土)まで

■開催場所
ギャラリー1616
大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目16-16

<リターンの発送>
展示会終了後、9末から10月末にかけて準備が整い次第、順次発送予定。
(発送は国内に限ります。生花の場合は、発送に2日かかる九州、沖縄、北海道にはお届けできません。)

最後に…

廃棄されてしまうロスフラワーと、経済的に困窮した若者の現状を1度一緒に考えませんか?

今回の展覧会ではアルコールインクアートや小物だけではなく、ドライフラワー、ロスフラワーを使って制作した小物も沢山ご用意しております。

コロナ禍でハンドメイドイベントや展覧会が中止され、眠っていた素敵な作品達をやっと皆様の前にお披露目できます!
そして会場装飾に使用したロスフラワーをスワッグにし、ご支援くださったみなさまにお届けしてまいります。

アートの素晴らしさ、お花の素晴らしさを知っていただき、さらに”フラワーロス問題”を減らしていく一歩になると信じています。
みなさまのご支援、よろしくお願い致します。

画像付きリターン

タイトルとURLをコピーしました